パーソナルカラー診断, 色の取り入れ方

いつも無難色しか着ていない。そんな人でも色を抵抗なく取り入れられる3つの方法

こんにちは、京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

パーソナルカラー診断では、事前に普段どのような色をよく身につけておられるか確認しています。

配色提案の際、すでにお持ちの服との組み合わせを提案させていただくことが一つの理由ですが、実はそれよりも重要な理由があります。

 

それは「色を取り入れるのに抵抗を持たれているかどうか」を知るためです。

 

 

■いつも白・黒・グレーしか着ない人の色の取り入れ方

定番色を中心にお洋服を買われてきたお客様にとって、似合うとはいえ、いきなり華やかな色や今まで着なかった色を取り入れるのは難しい場合もあります。

そんなお客様に私がご提案している色の取り入れ方を3つご紹介します。

 

1.アクセサリーで取り入れる

こちらが一番おすすめしている方法です。

ピアス・イヤリング・ネックレスなどは顔周りに色を持ってこれるので、パーソナルカラーの効果を感じていただけますし、人からみても変化がわかるからです。

 

(画像お借りしました)

 

パーソナルカラーは、他の人があなたにいだく印象を良くするための色でもあります。

ほんの少し装いに色が入るだけでも、人に与える印象は変わります。

また、人と会って話すときは、座ってのことが多いので目がいくのは上半身です。

そのため、まず上半身に似合う色を取り入れることが、パーソナルカラー活用のポイントです。

 

今では、とてもかわいいプライスで、素敵なアクセサリーが買えるようになりました。

似合う色のアクセサリーを1つか2つ、まずはそこから初めてみてください

 

 

2.小物で取り入れる

靴、カバン、スカーフ、ストールなども、洋服より取り入れやすく、印象をガラッと変えるのに有効です。

お洋服を無難な色にされる傾向のある方は、小物もおとなしめの色を選ばれることが多いので、そこに少し変化を取り入れるだけでも印象は違います。

 

 

 

.ネイルで取り入れる

お仕事の関係でネイルができない方もいらっしゃいますが、問題ないのであれば、ネイルもおすすめです。

ネイルをすると、毎日、色を目にすることになります。そうすることで、自然に色への抵抗感が減ってきます。

少し派手かな、と思うぐらいの色でも意外に小さい面積だと目立ちません。

 

 

以前私がしていたネイルです。

 

また、パーソナルカラー診断の際は、お手持ちのメイクアイテムの色がお似合いになる色かどうかも確認しています。

チークや口紅を普段は使わないというお客様もいらっしゃるのですが、似合う色をこの2か所に使うだけで、たとえしっかりメイクしなくても顔色が格段によくなり美人見えします。

私も以前はまったく口紅を使わなかったのですが、唇に色があるときとないときでは顔色が全然違うことがわかってから、出かけるとき、人と会うときはきっちり口紅をつけるようにしています。これだけでも、なんだか印象が変わったね、といわれることがあります。

 

せっかく分かったあなたに似合う色。

着る勇気がない・・・としり込みしないで、小さく取り入れてみませんか。

 

「色の力を味方につけるパーソナルカラー診断」についてはこちら

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA