骨格診断

骨格タイプの比較:ウェーブとストレート

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

最近人気のある記事が、『写真でみる骨格タイプの違い』という記事なので、それに関連してウェーブタイプの方とストレートタイプの方の違いを説明したいと思います。

華奢で身体の厚みがなくとくに上半身にボリュームがないウェーブさんと、上半身の厚みがあり胸の位置が高いストレートさんは、骨格タイプ的に真逆な印象の身体付きです。

が、これも人によって首の長さやバストの大きさが違うので意外に見分けにくかったりします。

先月お越しくださった方で、昔、ウェーブと診断されたけどしっくりこないという方がいらっしゃいました。

わたしの診断結果はストレート。

胸の位置や筋肉、脂肪の付き方、身体のフォルム、重心バランスなどから総合的にストレートタイプのお洋服のほうがお似合いになると判断しました。

お客様には、ほかのウェーブタイプの方との比較画像を用いて説明。

そのときの写真がこちらです。

左側と真ん中はウェーブタイプのお客様。

右は今回のストレートタイプのお客様。

特徴がわかりやすいかなと、胸の高さ、角度、あごからバストトップまでの距離を比較したものでご説明しました。

ストレートのお客様がスヌードのようひ胸元にボリュームのあるものを身につけるととても苦しそうにみえます。

また、横から見たときに高いバストの上にさらにボリュームが足されて身体の厚みがさらに増してしまいます。

逆にウェーブの方が胸元にボリュームを足すと、一気に華やかさが増します。でも、横からみると高さが低い胸元にボリュームがすっぽり収まって厚みはでません。

他にも見極めるポイントはたくさんあるので、胸元だけで判断することは絶対にありませんが、一つのポイントとしてご紹介しました。

※現在、産休をいただいております。復帰のお知らせご希望の方は、予約ページよりご連絡くださいませ。お問い合わせいただいている順番にご連絡させていただきます。復帰は2019年春頃の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA