骨格診断

【ビフォーアフター事例】骨格タイプウェーブの方の重心バランス

こんにちは!
京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

大変ありがたいことに、今年に入ってから継続的にご新規のお客様からご予約をいただき、忙しい日々を過ごさせていただいています。

私が実際に人生が変わった!と思えた骨格タイプ理論やパーソナルカラーの魅力をお伝えする機会をいただけることがとても嬉しい毎日です。

今日は、お写真掲載OKをいただいた骨格タイプウェーブのお客様の事例を参考に、骨格タイプウェーブの方がスタイルアップしてみえる重心バランスなどについて解説したいと思います。

骨格タイプウェーブの着こなしポイント
の記事もあわせてご覧いただくとわかりやすいかと思います。

骨格タイプウェーブの方のお身体の特徴は、上半身の厚みがなく華奢なこと、首が長く、バストの位置が少し下目なことなどがあげられます。

そのため、首からバストトップまでの距離がストレートの人と比べると長くなってしまい、デコルテ周りがさみしい印象になりがちです。

写真で見る骨格タイプの違い もご参照ください。

また、デコルテ周りがさみしくなるだけではなく、首の長さとバストトップの位置が下目なことから、胴が長い印象になってしまいます。そのため、重心バランスを「ハイウエスト」にすることがスタイルアップのポイントに。

こちらのお客様はニットワンピースでお越しくださったので、その上から、ウェーブタイプに似合う太めのベルトでウエスト位置をいろいろかえてバランスを見させていただきました。

左側が、骨格タイプウェーブのスタイルを良くみせてくれる「ハイウエスト」の重心バランスです。
右側は、骨格タイプストレートの重心バランスにあたる「ジャストウェスト」位置にベルトをしてみた写真。

比べてみると、左側のほうが足が長く見え、かつ、上半身の間延び感がなくなっているのがお分かりいただけるかと思います。

また、首回りをすっきりさせてみた写真、髪の毛で首回りをカバーした写真、スヌードタイプのファーをつけてボリュームを足した写真を並べてみました。
一番左の、首回りに何もつけていない、髪の毛もない写真だと、少し寂しい・物足りない印象になるのがお分かりいただけますでしょうか。

骨格タイプウェーブの方は、華奢な肩回りに華やかさ、ボリュームを足すことがとても大切です。

骨格タイプウェーブの方のスタイルアップのポイントは「ハイウエスト」と「デコルテラインに華やかさを足す」の2点です。

是非、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA