パーソナルカラー診断, 知っておくと便利な配色ルール

配色バランスで印象に残る装いを

こんにちは、京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今日は、色と色を組み合わせる際のルールについてご紹介します。

 

配色の黄金バランス

色を組み合せるのにも、実は黄金バランスが存在します。

私たちの日常では、単品で色を見るよりも、配色=2色以上の色を組み合わせたものを見ることがほとんどです。そして、その色の組み合わせによって、人に与える印象・影響が変わってきます。

ファッションでの色の組み合わせは、「ベースカラー」「アソートカラー」「アクセントカラー」のバランスを考えることが大切です。

 

ベースカラー:70%

全体の印象を決める色です。コートやワンピースなど、主役となるアイテムの色を指します。全体の70%をベースカラーが占めると配色のバランスが良くなります。

アソートカラー:25%

ベースカラーを引き立てる色です。コーディネートの25%ぐらいの割合が理想的といわれています。

アクセントカラー:5%

コーディネートのスパイスになる色です。全体の5%ぐらいにするとよいといわれています。ベースカラーの反対色を取り入れるとコーディネートがひきしまります。

 

下のコーディネート(画像お借りしました)で見てみると、ベースカラーは、ワイドパンツの鮮やかで明るいブルーで、アソートカラーはトップスのブラウンになります。

ちなみに、ブルーとブラウン(黄色もしくはオレンジに黒が混ざっていった色)は、お互いを引き立てあう組み合わせ(補色配色)になります。こちらの詳細はまた別記事で。

そこに、アソートカラーとして、明るいオレンジの靴と小物が組み合わさっています。また、小物にもさりげなくブルーが入っているので、メインカラーとリンクして統一感のある印象になっています。

 

色の配色の際の黄金バランスを頭にいれつつ、配色のルールをもとに色を組み合わせていくと、カラフルな色も取り入れやすくなります。

実は今、配色についてさらに深く学ぶため、2つの学校に通っています。

配色がわかるととっても面白いので、今後はルールについてもお話していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA