お客様の声

【お客様の声】今までで一番丁寧に説明や診断をしてくださったので、とても勉強になりました

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今週おこしくださったお客様のお一人に、過去、2回、パーソナルカラー診断を受けたことがある方がいらっしゃいました。1回目はサマー、2回目はオータムという診断結果だったそうです。

オータムという結果には納得したものの、いわゆるオータムカラーはあまり似合わない気がする、というお話を伺い頭に思い浮かんだのが「明度の高い色が似合うオータムタイプの人」。パーソナルカラー診断の勉強中に遭遇し、とても診断が難しかったあるモデルさんの顔が浮かびました。

 

明度というのは色の明るさのことです。文字が見えにくいのですが、、、左側が明度が高い=明るい、右が明度が低い=暗い、になります。

 

 

 

 

 

 

 

明度については「プロはここを見ている・・・」という記事でも詳しくご紹介しています。

 

「一番明るい色を白=明度が高い」「一番暗い色を黒=明度が低い」としたときに、どのあたりの明度が自分に似合うかは人によって変わってきます。

 

オータムの色はどちらかというと落ち着きのある明度の低い色が多いのですが、お客様を診断させていただくとお似合いになるのは、オータムでも明度が高め(正確には中明度のより高明度より)のお色でした。

明るい色が似合うならオータムと同じイエローベースの「スプリング」になるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 でも、お客様にはスプリングの色特有の「鮮やかさ」は強すぎてお似合いになりません。オータムやサマーの特徴である「濁り感」がある色のほうが、お肌が断然綺麗にみえます。(この濁り感が必要なことから、最初の診断がサマーになったのではと推測できます。)

また、明度が高すぎる色(スプリングに多く含まれる)も、顔の色が白くなってしまいあまりお似合いになりません。ある程度しっかりと色味があることも大切なポイントでした。

よって、お客様が似合われる色は、「中明度」「イエローベース」「濁り感のある色」ということで、オータムのなかでは明るめのお色が似合われたのです。ご自身で感じておられた違和感は正解だったということです。

スプリングの中でも、中明度で濁り感のある色であれば顔色が良く見えたので、そうした使える色もお伝えしました。

イエローベースのグループ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様は骨格診断とメイクレッスンもあわせて受けてくださったのですが、骨格もMIXタイプ、左右の眉の高さ・形が異なったり、、と私もとても勉強になりました。

 

ちなみに診断では便宜上、似合う色は4つのグループに、骨格タイプは3つのタイプに分けて結果をお伝えします。でも、今回のお客様のように、一つのグループだけを見て判断するのが難しい方のほうが多いのが現実です。

 

そのため、お客様にあった、お客様が帰られた後からでも応用できる内容をお伝えする必要があります。理論は理論としてお伝えしたうえで、その方に一番わかりやすい説明になるにはどうしたらよいのか、まだまだ勉強中で試行錯誤中ですが、ご感想に「今までで一番丁寧に説明や診断をしてもらえてよかった。迷ったけれど申し込んでよかった。」と書いてくださったので、嬉しいご感想を励みに、これからも引き続き勉強しなければ!と思いました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA