パーソナルカラー診断

TOIROのパーソナルカラー診断の特徴

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

 

先日お越しくださったお客様で、過去にも他のところで診断を受けられたお客様のご感想に、「自分のグループの色のことだけではなく、すべての色のグループの説明がきけて、より自分のタイプの色への理解が深まった」というコメントがありました。

 

パーソナルカラー診断は、最低でも1時間半必要ということでご案内していますが、実際には2時間かかるのがあたりまえ、もっと時間がかかることもあります。

 

その理由の一つに、「色の説明」の時間をしっかりとっている、ということがあげられます。

この仕事を始める前、いくつかお金を払ってパーソナルカラー診断を受けてみました。

実はプロの診断を受けたことがなかったので(いきなり勉強をはじめたので)、どんな流れが一般的なんだろうと思い、勉強のためにもと受けに行ったんです。

どちらの診断でも、最初に色の説明があります。でも、時間は10分程度。長くても20分。

イエロベース・ブルーベースという違いがあること、さらにその中でも明るい暗いといった特徴で、最終的に4つのグループになることまでの説明がほとんどで、そこから踏み込んで、それぞれのグループの色の特徴や色の見分け方まで説明してもらうことはありませんでした。追加の説明も、グループのもつイメージ(例えば、オータムはリッチな感じ)ぐらいでした。

 

TOIROでは、この色の説明に40分程度お時間をいただいています。ご質問いただきながらお話すると、1時間ぐらいかかることもあります。

最初は、長すぎるかな・・・? お客様飽きないかな・・・?と不安になることもありました。

でも、自分が説明を受けた時、「オータムです」という診断結果だけ聞いても、自分のグループに含まれる色の特徴や他のグループのことがわからないとどうやって色をお店で選んだらいいのか結局わからなかったので、やっぱり説明はしていこう、むしろ丁寧すぎるぐらいやっていこうと決めました。

 

色の説明のほかには、実際に色を組み合わせるときのポイントや、苦手は色を身につけるときの工夫などもお伝えしています。

また、診断後にも色の組み合わせをいくつかご提案するのですが、その時に、ビジネスっぽく見せたいときは・・・、カジュアルに見せたいときは・・・といったいくつかの配色ルールを「なぜそう見えるのか」とあわせてお伝えしています。

こちらも過去に、この配色がいいですよ、と提案してもらったとき、「なぜ、その配色がいいのか」という理由の説明がなかったことから、意識してお伝えしているポイントです。

私自身が「なぜ」がわからないと気持ち悪いと思ってしまうので、ここは今後も、色の勉強をしながらお伝えできる幅を広げてきたいと思っています。

 

ということで、TOIROの診断は長めのため、気軽に時間が出来たから行ってみようとはなりにくいのですが、しっかり色の話をしたい!と思われたら是非、お越しください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA