知っておくと便利な配色ルール

視覚から受ける影響は80%以上?!

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

 

昨日は、東京から大好きな同期が来ていたので京都観光を楽しみました。

下賀神社に、松之助のパンケーキモーニング♪

他にも、みたらし団子を食べたりと、楽しい一日でした。

 

さて、配色のことをお伝えする前に、

なぜ配色が大切なのか、また、パーソナルカラーを知ることが大切なのかがわかるある結果をお知らせします。

 

色彩検定を勉強して、そうなんだ!!と思った色の力について。

 

私たちは、五感を使ってさまざまな情報を得ています。

 

視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚。

見る、聞く、味わう、嗅ぐ、触る。

 

この5つのうち、どの感覚からの情報伝達量が多いと思いますか??

 

 

実は、視覚からの情報が約80%を占めるのだそうです

 

そして、その視覚から得られる情報のうちなんと・・・・

 

約80%が色の印象

 

80%のうちの、さらに80%ですよ!

 

 

これを知ったとき、色がどれだけ私たちの生活に影響をあたえている

重要なものなのか、ということを認識しました。

 

こんなにも影響力を持っている色だからこそ、

自分に似合う色を身につけたら若返るし印象が良くなるんです。

無難な色ではなく、どう見せたいか、を意識して

色を選ぶことがとっても大切になるんです。

 

色の力を知ると、どんどん、色のことを勉強したくなります。

最近は、インテリアの色合わせにも興味が出てきて(色彩検定ではインテリアも試験範囲なので)

家具屋さんにも足を運ぶようになりました。

 

 

余談ですが、、視覚から受ける影響が多いということは、

日常的に「心地よい」「美しい」と感じるものだけを見るように意識したほうが

断然いいんだなと思います。

とりあえずテレビをつけて流しっぱなし・・・だと

もっとも影響を受けやすい視覚からの情報が大量に流れ込んでくるためとっても疲れるそうです。

以前からこのことは知っていたので、不幸な事件が流されることが多いニュースを見る回数は意識して減らしています。

 

みなさんも、見たくないテレビを見るぐらいなら、写真集などを見て目を癒してみてください!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA