骨格診断

【骨格タイプ別洋服選びのポイント】ナチュラルについて

こんにちは、京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今回は、骨格タイプナチュラルの方の着こなしポイントをご紹介します。

ストレートはこちら

ウェーブはこちら

■【骨格タイプ別洋服選びのポイント】ナチュラルについて

ゆるっと、大き目シルエットはナチュラルタイプの人が大得意!

綺麗目に戻りつつあるものの、まだまだ今の流行は洋服選びがしやすく、自分を素敵に見せてくれるアイテムが選び放題です。

 

■骨格タイプナチュラルの身体の特徴

ナチュラルの骨格タイプの特徴は・・・

・骨格や関節がしっかりしておりフレーム感のある身体つき

・あまり肉感的ではない

・鎖骨や肩甲骨が立体的で肩幅が目立つ

・重心は個人差がある

 

芸能人でいうと、今井美樹さんや江角マキコさん、萬田久子さんがナチュラルタイプになります。

細いけれど服に負けない存在感をもっているのがナチュラルタイプの人。

 

 

■骨格タイプナチュラルの着こなしポイント

ナチュラルさんの着こなしポイントは以下の通りです。

 

・ゆるめ、大きめ、長め

・天然素材

・遊び心と個性

 

 

画像お借りしました。

 

ゆるめ、大きめ、長め

ビックシルエットのシャツなと、服の中で身体が泳ぐような服がとても似合います。大人のラフカジュアルがばっちりハマって、ぐっと垢ぬけ感がでるのかナチュラルさん。

ワイドパンツ、ミモレ丈のボリューム感のあるスカートなど下に重心がくるアイテムも難なくきこなします。

私はこのナチュラルタイプに憧れていましたがストレートがナチュラルタイプの服を着ると、だらしなく見えたり、太って見えたりします。

注意するポイントとしては、鎖骨が大きく、骨っぽさが目立つため、あまり首元を出さないこと。また、膝が縦に大きく長いのが特徴で、膝を出してしまうと足が短く見えるので、膝下丈のボトムスを選ぶことです。

シンプルでタイトな装いだとつまらない印象になってしまうので、たとえば、Vネックの服をきるときはストールをざっくりまくなどしてボリューム感を足す、上がコンパクトなら下はボリューム感のあるものにする、大振りのアクセサリーを身につけるなどしてボリューム感をコーディネートにプラスしてみてください。

 

天然素材

洗いざらしの麻などの天然素材がとても良く似合います。また、シワ加工したもの、ローゲージ(ざっくり編んでいる)ニットなんかもお似合いです。

ファーなどは毛足が長いものでも、うるさくなく着こなします。

 

遊び心と個性

アシンメトリーな個性的なデザインや素材も難なく着こなせます。

逆に、フォーマルスーツのようなかっちりしたデザインを着ると、悪くはないのですが、面白味がなくつまらない印象に。

スーツの場合も生地がツイードだったり、丈感やシルエットに遊びがあるものがお薦めです。

 

以上、3回にわけて3つの骨格タイプ別の着こなしポイントをざっくりとご紹介しました。

今後は、アイテム別に詳しくご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA