骨格診断

骨格タイプ別似合う花柄

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今日は、骨格タイプ別に似合う花柄についてご紹介します。

 

その前に、あわせて似合う柄の特徴も簡単におさらい。

 

【柄の大きさ】

ストレート・ナチュラルの人は、大柄が似合います。

ウェーブタイプの人は、小柄が似合います。

 

【柄のイメージ】

ストレートの人は、直線的かつ規則的な柄が似合います。

ウェーブタイプの人は、小さくて曲線的な柄が似合います。

ナチュラルタイプの人は、不規則で大胆、抽象的な柄が似合います。

 

 

骨格タイプストレートの人に似合う花柄

骨格タイプストレートの人が花柄を選ぶときは、あまり小さすぎなものを選ぶことが大切です。

リバティーのような、小さな花が集合したものは残念ながら似合いません。

遠めでも花柄だとわかるぐらいの大きさはあったほうがいいです

また、全体的に花が散っているよりは、無地のスペースもある程度あったほうがすっきりします。

 

骨格タイプウェーブの人に似合う花柄

小さく曲線的な柄が得意なウェーブの人は、小花柄がとても得意です。

小さい花の集合体でも問題ありません。

ただ、リバティー柄を選ぶときは生地感に注意してください。

リバティー柄の服って、ハリがあるコットン素材のものがおおいのですが、このハリ感が苦手です。

下の画像のように花の個々の柄・模様が近づかないとわからないぐらい小さい、ぎっしり花模様のものは得意です。

 

 

骨格タイプナチュラルの人に似合う花柄

ナチュラルタイプの人は、ワイルド・トロピカルな印象の大柄の模様を選んでみてください。

花だけではなく葉っぱも描かれているようなものがイメージです。

可愛らしい、フェミニンよりは、ナチュラル感のある花柄が得意です。

 

 

(注)

※あくまでの柄のイメージです。服の形は骨格タイプにはあっていないものもあります。

※画像はWEBからお借りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA