TOIROの日常

デパートにいって感じたことは・・・・どれも一緒に見えてしまう

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

昨日は、イメージコンサルタント同期のゆみちゃんと久しぶりにランチしました。

ランチの後もおしゃべりは尽きず、朝から夜まで7時間ちょっと話しっぱなし。

合間に、伊勢丹のセールを見て回ったりもしました。

 

セールを回って感じたのは、どこのお店のお洋服も一緒に見えてしまうということ。

冬は全体的に濁り感のある、グレーっぽい色が多く、

また、流行りを取り入れた服がほとんどなので、

フェミニンテイスト、クールテイストという違いはあっても、全体としては同じ服に見えました。

この中から、自分を引き立ててくれるお洋服を探すって本当に大変!というのがお互いの結論。

 

服選びを楽にしてくれる理論を知っていても大変なので、

もし知らなかったら・・・きっと今も似合わない服を買っていただろうなと思います。

 

私は現在、色のことをもっと学びたいと色の専門学校に通ったりしているので、

 

色の視点から服を見ることが多いのですが、

季節や流行りによっておかれている色はとても偏るので、

自分に似合う色に加えて、やはり、配色方法を知っていることがとても大切だなと感じました。

 

配色ルールを知っていれば、苦手な色を着こなすこともできます。

単に顔周りに持ってこないという方法だけではなく、

全体の統一感を考えたり、お互いを引き立てあう色合わせを考えたりと、

まだまだ修行することがたくさんですが、

色のことをしっかりと勉強する一年にしたいなと改めて思いました。

そして、その知識をお客様のおしゃれに還元出来たら、これ以上嬉しいことはありません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA