美人マインド

三日坊主から卒業!モチベーション維持する秘訣

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

 

最近、自分にとってはすごい気づきがあったのでご紹介したいと思います。

 

もうすぐ2017年も終わって、2018年になります。新年の抱負をたてている方もたくさんいると思います。

私ももちろん、こんな年にする!とか、こんなことをやりたい!っていう夢や目標を毎年書き出します。

 

が、継続が必要(ダイエットなどの美容系・健康系がおおいかな)ものについて、

「三日坊主」になりがちなことが多く、どうやったらモチベーションを維持できるかなと考えていたんです。

 

そして、過去に腹筋100回を毎日続けていた時のことや、

英語の勉強を毎日やっていたときのことを振り返って、

何が続かないときと状況が違うのかな?ということを考えてみたら・・・・

 

気づいたんです!

 

続いているときは「誰か(大切な人)の役に立ちたい」「誰かに自分を見てほしい」と思っているときだということに。

そんなときって、自分でもびっくりするぐらい、モチベーションを維持できて継続も楽にできていました。

 

腹筋100回を毎日やっていたのは中学生のとき。このときは、ウエストが56センチでした。。

で、腹筋の原動力になっていたのは、当時の好きな人に振り向いてもらいたいという気持ち。

英語の勉強も同様に、英語が苦手な好きな人に質問されることが多くて、わかりやすく教えてあげたい!という気持ちからでした。

おかげで英語だけ、全国模試で上位にはいるぐらい、成績が良かったんですよね。

 

今だと、自分一人のご飯のときって、正直、ものすごく手抜きで、

旦那さんが夜に予定がある日は、一日3食、菓子パンなんてことも普通にありました。。

 

が、旦那さんが最近、家でご飯を食べることが多くなったら、

自然とちゃんとしたものを作りたいという気持ちになって、苦も無く毎日続いているんです。

 

過度な承認欲求は自分の首を絞めることになりかねませんが、

自分を高めるために使う承認欲求や、

誰かのためにという気持ちは、

私にとって、何かを継続するときの大きな原動力になるんだということに気づきました。

 

なので、なかなか続かなかったエクササイズも、

単に「綺麗になりたい」からではなく「旦那さんといつまでも健康に過ごすため」「旦那さんにとって自慢の奥さんになるため」といった

二人の未来に関わる意識で取り組むようにすると、なんとちゃんと続くようになりました。

 

 

人によって「自分」にフォーカスするほうが続く人、

「大切な人」を巻き込んだ形にするほうが続く人、とタイプが分かれると思います。

 

もし、モチベーションアップで悩んでいたら、一度、自分の原動力がどこからくるのか見てみるといいかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA