骨格診断

骨格タイプ別に似合うチェック柄について

こんにちは!
京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今年の秋冬は、チェック柄、特にグレンチェックが流行していますね。

実は骨格タイプによって似合う柄も異なってきます。

今回は、チェック柄に絞って似合う柄をご紹介します。

 

骨格タイプストレートに似合うチェック柄

骨格タイプストレートの人は、まず、細かなチェック柄は似合いません。

小さい柄は身体の存在感に負けてしまい、
また、盛りすぎの印象になってしまいます。

多色使いのチェックもうるさい印象になります。

シンプルが似合うストレートさんは、
バーバリーチェックのようなシンプルで
柄の大き目のチェックが似合います。

フォーマルな印象のあるチェックを選びましょう。

例:バーバリーチェック、アーガイルチェック、ウィンドウペン(左から順番に)

  

※右のスカートは骨格タイプストレートは苦手な形です。柄の参考に。

 

 

 

骨格タイプウェーブに似合うチェック柄

大柄のチェックよりは、小柄のチェックが似合います。
また、女性らしい印象のあるチェックを選んでみましょう。

たとえば、千鳥格子柄(ハウンドトゥース)、ギンガムチェック、グレンチェックなどは、

格子が小さいのでおすすめです。(左から順)

 

 

骨格タイプナチュラルに似合うチェック柄

チェック柄は全般得意です。
とくに、カジュアル感のあるチェックが似合います。

フランネルシャツが野暮ったくならず着こなせます。
チェックの大判ストールなども良く似合います。

 

ちなみに、チェックにもいろんな種類があることを
骨格診断を勉強してから知りました。

なんとなく名前は知っていても、
全部「チェック」と認識していたので、
こうした柄一つにもこだわって
自分に似合う服を選べると楽しみが広がりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA