骨格診断

骨格タイプ別似合うニットの選び方

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。
この週末は年末並みの寒さのようですね。

最高気温が、以前ご紹介したコート着用の目安気温になっていたのでコートを引っ張り出された方も多かったのではないでしょうか。

今日は、そんなコートの下に着るニットについて骨格タイプ別に選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

骨格タイプストレートに似合うニット

首が短い、二の腕の外側や背中にお肉がつきやすい、身体の前後に厚みがあるという特徴をもつ骨格ストレートタイプの人は、

着膨れしないこと、首元が詰まって見えないことが大切。

生地の分厚いニット、毛足の長いニット、丈が長すぎたり短すぎるデザイン、装飾の多いデザインは苦手です。

 

生地は薄手でハイゲージ、高級感を感じさせるものを、デザインはシンプルで、首元がつまっていないものを、

サイズ感は大きすぎない、フットしすぎないニットが似合います。

また、肩の丸みを隠してくれる、肩線のあるデザイン(肩が落ちていないデザイン)がおすすめです。

 

お手頃価格の代表は、ユニクロのメリノウールVネックセーター。

生地感、形がストレートタイプの人にぴったりです。

ちなみに、こちらの色、私も持っています。ヘビロテ中♪

 

骨格タイプウェーブに似合うニット

身体に厚みがなく上半身が薄い、肩回りが華奢、腰位置が低めなどの特徴のあるウェーブタイプの方は、

首元のあきが広いもの、シンプルデザインのニット、ゆったりしたニット、ざっくりした厚地のニットが苦手です。

コンパクトなサイズ感のもの(アンサンブルニット)や、柔らかい印象のあるモヘアニット、

装飾のついたニットが似合います。ふんわりしたやわらかい素材感・デザインを意識すると、

ニットに着られている感が出にくくなります。

 

GUのこちらのニットは、生地感やデザインがウェーブタイプにお似合いになると思います。

 

ユニクロのオフショルダーは大人のウェーブタイプの方に。

 

あ、タートルネックやハイネックを着る際は、必ずネックレスをしてください!

首が長めの方がおおく、かつ、トップバストの位置が下目なので、胸元がすごく間延びして見えてしまいます。

一度ネックレスで視線を遮ることが重要です!!

 

 

骨格タイプナチュラルに似合うニット

肩幅が広め、骨だ目立つ、首の筋が目立つなどの特徴のあるナチュラルタイプの方は、

骨感が目立つ薄手のハイゲージニットやシンプルニット、フィット感のあるデザインが苦手です。

骨っぽさが目立たないよう、ざっくりとしたローゲージの記事のものを選んだり、

装飾がついているもの、たっぷりゆとりのあるデザインのものを選ぶのがおすすめです。

 

下の2つはGUの990円ニット。筋っぽさのある首元を隠すタートルネック・ハイネックは

ナチュラルタイプさんにお薦めです。ざっくりした生地感は、下のニットのように編地がしっかり見えるものです。

 

ブログを書くため、いろいろなサイトを見て骨格タイプ別にニットを探して思ったのは・・・

ストレートにあうデザインってなかなかない(笑)ということでした。

 

最近の骨格ストレート的ヒットは、ICBのAlbaニット。

リブですがフィットしすぎず、生地も厚みがありお肉を拾わない。

かつ、Vネックのあきがシャープで、隠したい肩回りの丸みはうまく隠しつつ、首元はスッキリ。

今年はくすんだブルー色を購入しました。来年も別の色を買い足そうと思っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA