おすすめ美容健康情報

目の錯覚を利用した着やせの法則

こんにちは、京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今日は、骨格タイプを知らない方でもすぐに使える、目の錯覚を利用した着やせの方法をご紹介します!

これから寒さで気を付けないと着ぶくれしてしまう時期です。

目の錯覚を上手に利用して、すっきりとした着こなしを目指しましょう!

 

ご紹介するのは、以下の3つです。

 

➀バイカラー錯視

バイカラーとは2色の色のことです。

同じ面積の図形でも、横に分割するのと、縦に分割するのとで印象が変わるその原理を利用します。

ポイントは、白と黒のようなコントラストの強い組み合わせること。

 

②フィック錯視

同じ長さの棒を縦と横に組み合わせると、縦の棒のほうが長く見えるという目の錯覚を利用して、

縦のラインを強調することでほっそりと見せる方法です。

ロングカーディガンなど、縦ラインを強調できるアイテムを着用するとこの効果が期待できます。

 

③ミュラー・リヤー錯視

同じ長さの線の先端に矢印をつけた場合、AよりもBのほうが長く感じる錯覚のことです。

この原理を利用すると、Vネックのトップスは首が長く見え・全体的にシャープな印象を与えてくれます。

 

3つの原理を図であらわしてみました。(ちょっと見づらくてごめんなさい。)

 

 

骨格診断の視点で3つの錯覚を見てみると、

いずれも身体に厚みがあるストレートタイプの方にとても有効な方法です。

Iラインを作る=縦ラインを強調することで厚みを感じさせなく出来ますし、

首が短めという身体の特徴もミューラー・リヤー錯視を利用してすっきりと見せることが出来ます。

 

この他にも、アモーダル補完やジャストロー錯視なと、いくつかのテクニックがあるようです。

また、それぞれ調べてみてご紹介できたらと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA