骨格診断

骨格タイプ別似合う靴の選び方

こんにちは、京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

今日は、小物選びの最後「骨格タイプ別似合う靴の選び方」です。

おしゃれは足元から、、とも言いますが、靴はそれぞれの骨格タイプの全体のスタイルバランスを整える役割があります。スタイルアップをかなえるためにも、骨格タイプにあった靴を選ぶことは大切です。

 

骨格タイプストレートに似合う靴

パンプスを選ぶときは、本革のポインテッドトゥもしくはスクエアトゥのものを。身長に対して足のサイズが小さめなストレートタイプの方は、足が長く見えるデザインの靴を選ぶとバランスが取れやすいです。

かっちりしたシンプルなパンプスも似合いますが服がシンプルなので、遊びのあるデザインを選ぶのがおすすめです。

苦手なのはバレエシューズ。甲が高い人が多いので、むっちりとした印象になります。

スニーカーは、コンバースなどシンプルなデザインのものは似合います。

これからの季節に向けてブーツを選ぶ際は、ショートブーツもしくは乗馬ブーツのようなすっきりとした筒形のロングブーツを。ショートブーツを選ぶときは、履き口がかかと側からつま先にむけて斜めにカットされているデザインが似合います。中途半端な長さのブーツは足の太さを強調してしまうので苦手です。

 

骨格タイプウェーブに似合う靴

華奢なデザインの靴が似合います。ヒールも細め。ビジョ―などの飾りがついているものおすすめです。

カジュアルな印象のものは似合わないので、ヒールのない靴を履きたいときはスニーカーよりはバレエシューズをおすすめします。

ロングブーツを選ぶときは足の形にそったフィットするタイプを。ショートブーツを選ぶときは、通常のショートブーツより少し長さのあるものがおすすめです。足首周りに飾りのあるデザインもおすすめです。

 

骨格タイプナチュラルに似合う靴

ボリューム感のある靴を選ぶことが大切です。ヒールが太い、厚底で全体的に重みを感じるデザインのものを選んでください。

スニーカーは全般得意です。ブーツもUGGのようなボリュームの出るものも得意。ロングブーツを選ぶときは乗馬ブーツのような筒形のものを。

私は一日のコーディネートを考えるときに、靴から考えることが多いです。

なぜかというと、心地よく歩けない靴だとおしゃれをしても気分があがらないからです。また、お気に入りの靴が雨にぬれたりするのも嫌なので、天気やその日出かける場所、歩く時間などから、ヒールの高さや靴の素材を考慮して靴を選びます。そしてそれにあう服を選んでいきます。

一方で靴が好きなので、履かないけれどついついヒールのカーブが綺麗な靴を買ってはコレクションしてしまいます。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA