パーソナルカラー診断, 骨格診断

パーソナルカラーも骨格タイプも自分で診断するのは意外に難しい

今日は午前中にパーソナルカラー診断、
午後から骨格診断をさせていただきました。

どちらのお客様も
パーソナルカラーや骨格診断の本を何冊も読まれていて
身体の特徴や見え方をよくご存知でした。

 

それではなぜ診断に来られたのか??

 

お伺いすると、やはり、本を読んで特徴はわかっても、
自分が当てはまるのかどうかがわからないから
客観的に見てもらう必要を感じられたとのこと。

 

最近は、雑誌などでも
パーソナルカラーや骨格診断が取り上げられています。

 

でも、ちゃんと自分の身体の特徴をつかむには、
他の人の身体との比較が必要
です。

 

それをしないと、自分の手が大きいのか小さいのか、
膝が出ているのか出ていないのか、
顔色が落ちたのかあがったのか、わかりません。

 

そうしたたくさんの人の基準を、
学びの中でサンプルとして集めてきたのが
パーソナルカラーアナリストであり、骨格診断士=イメージコンサルタントです。

また、骨格診断では、身体の特徴がミックスしている場合も。

こんなときにどうしたら良いのかも、たくさんのお客様から学んできました。

今日の午後は、
ストレートの骨格タイプとナチュラルの骨格タイプの特徴をお持ちのお客様でした。

 

最終結果は重心バランスから判断しナチュラルだったので、
ストレートの要素を活かしつつお洋服を選ぶポイントや
小物使いで印象をかえる方法を重点的にお伝えしました。

 

 

骨格診断やパーソナルカラー診断は、
自分の似合うを知ってクローゼットをすっきりさせたい方、
今後のスタイルを見直したい方、
年齢にあった服装にシフトしたい方におすすめです。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA