パーソナルカラー診断

2018年春・夏の流行色は?!

こんにちは!

京都のイメージコンサルティングサロンTOIROです。

ファッション雑誌では、そろそろ春物のファッションが紹介されはじめていますね。

今回は、2018年の春の流行の中でも「色」についてご紹介します。

 

流行色はどうやって決まるの?

毎シーズン発表される「流行色」ですが、
どこでいつどう決まっているのかご存知ですか?

ずーっと疑問に思っていたのですが、
色彩検定の勉強でその謎がとけました。

実は、流行色って、実際に市場に出回る2年も前に決まっているんです。
そのため、2018年春に流行る色は2016年には決められているんです。

流行色はまず「インターカラー(国際流行色委員会)」という国際組織で話し合われます。

この組織でまずトレンドカラーの方向性が決まって、
その内容を日本国内の組織「日本流行色協会」で更に検討、
素材メーカーなどが独自に発表するトレンドカラーなども考慮して、
正式にトレンドカラーが決まります。

 

2018年春・夏の流行色

2018年春・夏の流行色は、柔らかい印象の色中心になるようです。

詳しくは、こちら(外部リンク:日本流行色協会HP)を御覧ください!

また、2017年秋~冬に開催されたファッションショーでは、
パステルイエローやピンクを用いたファッションが多く披露されたようです。

 

流行色の上手な活用方法

個人的に、流行色に振り回される必要はあまりないと思っています。

流行色に振り回されると、結局、
組み合わせが難しい色の服ばかりになったりしてしまいます。
わざわざ自分に似合わない色の服を切る必要もありません。

 

それではなぜ流行色の話をするのか、
というと「何を買おうか」の参考になるからです。

流行している=その色のアイテムがたくさん売っている、
ということなので、流行色が自分のパーソナルカラーに合致する場合、
自分に似合う色が沢山売っている、ということになります。

 

ちなみに2017年は、
パーソナルカラーオータムに嬉しい流行色でした。
全体的にこっくりした色が多かったからです。

 

逆に、サマータイプの友達は、似合う色を探すのに苦労していました。
また、冬はファストファッション系を中心に、
はっきりした鮮やかな色が多かったので
ウィンタータイプの友達が買い物しやすいと話していました。

 

人が作った流行に振り回されるのではなく
「自分に似合う」を軸に、流行をうまく活用する、
そんな意識で参考にしていただけたらいいなと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA